teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


お世話になりました

 投稿者:青山国雄メール  投稿日:2008年 5月19日(月)08時17分32秒
  私は5月16~18日間まで貴施設を利用させて頂きました。初めての利用で初め不安もありましたが、すべて杞憂に終わりました。
職員のみなさんは、皆親切で親身のお世話を頂きました。ありがとうございました。退所時には一人・一人お礼を申しあげるところ、ろくな挨拶も出来ぬまま帰りました。ありがとうございました。また機会がありましたら利用したいと思います。よろしくおながいします。
 
 

(無題)

 投稿者:長嶺 朝子メール  投稿日:2007年11月27日(火)16時55分57秒
  こんにちは。
私、柳原リハビリテーション病院で看護師をしている長嶺朝子と申します。11月上旬に、臨床看護学研究所の境さんに同席し、気の里を見学させて頂きました。ありがとうございました。田中先生の実践の口腔ケア・食事介助・体位ドレナージ方法などを見学させて頂きました。利用者皆様の生き生きした笑顔に、私のほうがたくさんエネルギーをもらいました。私も食べることが大好きで、楽しい食事の時間が私の癒しの時間でもあります。食べることは、正に生きることに直結していると、私も思っています。その思い出日々患者がよりおいしく楽しく食べることが出来る看護を提供したいと努めています。(実際は、四苦八苦なところが多いのですが....)
今回メールをさせていただいたのは、現在入院中の患者の件で、アドバイス・ご指導を頂きたいと思いメールさせていただきました。
69歳、男性、2004/12脳梗塞で右麻痺・失語症、2007/02脳梗塞再発(右中大脳動脈領域、左側頭葉)で両側麻痺、高次脳機能障害;失語症・空間失認・注意障害・嚥下障害、肺炎後で気管切開しポーテックスカニューレ留置中、胃ろう増設経管栄養中。入院と同時に口腔ケア・アイス/フェイスマッサージ・腹がいなどはじめなした。現在入院後1ヵ月半が経過し、唾液分泌量のアップ、開口反射や舌の動きの改善がみられています。口腔周囲に筋の緊張が高いこと、まだ舌の伸展が弱く飲み込みの際にホールのような状態にはなりません。表情での感情表現(笑顔・怒り・困るなど)もほとんどなかったのですが、先日発病前に大好物であった柿の話をしたら、涙を流し感情失禁する姿がみられたのです。大きな変化です!! 柿が食べたい?と声を変えるとかすかに動かない首を立てに動かしたんです。数人の看護婦がその場に居て、確かに頷いたと...(頸部の緊張や痙せいではないと?)。その後、柿を見せどのような反応をするか試したところ、右手で柿を看護師の手かとり、自分の口まで運んだのです。開口は不十分で少し下の口唇をスプーンでさするとゆっくりと開口するし、パクリと口に入れて咀嚼し始めたのです。大きな柿なので一旦取り出し、スプーンで柿を削りペースト上になったものを造り経口摂取の訓練をしました。
①口腔ケア実施後②アイス・フェイスマッサージ実施後③口腔内・気管内吸引後④リクライニン車椅子乗車④ポーテックスカニューレのエアを抜く⑤呼吸状態の確認後⑥口唇閉鎖を指介助実施などの元で訓練実施しました。スプーン1口を4~5回咀嚼しごっくんと嚥下する反応がありました。1回の嚥下では、奥舌と右口腔内に残渣が残ります。2~3回空スプーンでの咀嚼嚥下反射の誘導で口腔内のものがなくなる状態です。開始したばかりのころは咳反射もなかったのですが、最近は大きくむせこむことも出来ます。しかし、気管内から少量柿のペースト状のものが引けます。気管内への誤嚥があることは確実と思われます。終了後の口腔ケアと体位ドレナージによって、肺炎などの起こしていない状態ですが...。おおきなリスクの元で行っていることは、常に医師・看護師・セラピスト・家族も実感しています。この後どのような訓練が良いのか?カニューレをレティナに交換することや、ポーテックスのままエアを抜きごっくにあわせポーテックスを閉鎖するのが良いのか? 良い筋r年方法を模索している状態です。ビデオ撮影し、そのつど評価はしているのですが、安全でかつステップアップしていける訓練方法があるのでしょうか? 当院には、VF/VEなどはありません。担当STは全く経口摂取訓練に参加してくれない状態です。医師も協力的ですが経験不足にて困り果ています。私たち看護師も試行錯誤していますが、田中先生のアドバイス・ご指導をいただけたら幸いに思います。そして、患者様に何かの変化・可能性を見つけたいと思っています。先生のご多忙を承知の上ですが申し訳りません。
よろしくお願い致します。
 

経管栄養についての思い

 投稿者:保 美菜メール  投稿日:2007年 2月19日(月)14時09分24秒
  胃瘻をつくり、毎日注入食を行っている患者様を見ていると、これは食事なんだろうかと考えてしまいます。胃瘻による経管栄養食を食事として取り戻したと思っています。注入食を自然な普通の食事をこしたり、ミキサーにかけたり、とろみや寒天でゆるくしたりして、注入しいる施設をご存知ありませんか?あったら紹介していただけないでしょうか?
胃瘻の患者様も食事の匂いを楽しみ、色を味わうことは出来ないのでしょうか?
在宅帰へえられた方は家族の団欒を味わい食事として胃瘻の注入食を行えないかと思っているところです。いいアドバイスをいただけることを祈っていなす。
 

はじめまして

 投稿者:おざわ  投稿日:2007年 1月31日(水)20時50分44秒
  「ナースのための摂食・嚥下障害ガイドブック」の田中先生のデイサービスでの取り組みを何ども読んでいます。私は介護施設に勤める歯科衛生士ですが、いつかは気の里のような
「口から食べる」ことへの積極的なアプローチのできる施設になったらいいな、したいなと思っています。まだまだ道のりは長いようですが。面識もない私ですが、気の里の見学はできますでしょうか?よろしくお願いします。
 

はじめまして

 投稿者:あらかわ  投稿日:2007年 1月 8日(月)22時38分34秒
  新年おめでとうございます。初めてカキコします。
去年、中日新聞にこちらの施設が紹介されており、素敵な施設だな、と思いながら拝見いたしました。
施設長のお名前をどこかでお見かけしたような・・・・・と考えていましたところ、10数年前、消化器看護でお世話になった田中先生ではないかと思いお邪魔した次第です。
卒業後、病棟勤務したのち35歳のときに今の職場に転職。今は保育・福祉の専門学校で教員という仕事をしております。
今年はいのしし年。大荒れに荒れた成人の日でしたが、猪突猛進、学生たちに負けないようにがんばりたいと思います。
施設の見学は可能でしょうか。
機会があればお伺いしたいと考えております。

突然の書き込み、失礼いたしました。
 

はじめまして

 投稿者:窪田妙子メール  投稿日:2006年 9月16日(土)10時00分27秒
  現在看護協会の認定看護師教育課程で学んでいます。10月から3週間気の里で実習させていただく予定になっています。田中先生の取り組みは大変参考になります。一週間のプログラムも本物志向で大人向けですね。それも食行動に結び付けて考えている姿勢に共感しました。今は医療施設で実習中ですが、先生に取り組みをプレゼンテーションのテーマにしました。うまく伝えられるか心配です。でも個別ケアの可能性が開けるのではないかという結論にしたいです。何か参考になる文献などありましたらどなたかご紹介ください。よろしくお願いします。  

HP開設おめでとう

 投稿者:西尾の長谷ですメール  投稿日:2004年 6月14日(月)20時43分1秒
  案内メールありがとう。早速拝見いたしました。施設長のあいさつだけは掲載して、一日も早く公開した方がいいと思います。コンテンツや技術的なことは徐々に充実・整備していけば・・、何はともあれ、開設おめでとう。  

こんにちは

 投稿者:仁美です。  投稿日:2004年 6月14日(月)18時27分46秒
  ご案内ありがとうございます。
大変なご苦労が、多々あったことと思われます。本当にお疲れ様です。
HPどんどん整備されて、素晴らしいものになることをお祈りしております。
お気に入りに登録いたしましたので、また来ます。
40番目の仁美でした。
 

ご苦労さまです。

 投稿者:いちはしメール  投稿日:2004年 6月14日(月)11時35分12秒
  HPアップ、お疲れさまです。
管理人さん、がんばってねぇ~~~~!

http://www.kanban-display.co.jp

 

初めまして!

 投稿者:管理人ですメール  投稿日:2004年 6月12日(土)00時37分43秒
  構想2年(?)
ホームページ作成ソフトを購入して1年半!
よちよち歩きのHPですが、施設長の思いと気の里をより多くの方にお届けできたらと思います。

サブタイトルにも入れましたが、何でも遠慮なく語り合いましょう!
 

レンタル掲示板
/1